今すぐ対策を!老け顔になる4つの要因

化粧の方法

化粧台にように固定された鏡を使用して化粧することに比べ、手鏡を使用して化粧するとうつむき気味になってしまい、正面を向いたときに目じりや眉毛がさがったラインで仕上がります。その結果、老け顔にみえてしまうことがあります。

また顔と鏡の距離が近くなってしまい、シミなどがよく見え、それを隠そうとして厚化粧になりやすいため、老け顔の印象を与えてしまいます。

肌の状態

肌がキレイな人に比べ、ニキビやシミ、そばかすなど肌の状態がよくないと年齢が上に見られる傾向にあります。

また肌のハリは若さの目安となっており、ハリが失われると老け顔の印象を与えてしまいます。具体的には口角が下がっていたり、ホウレイ線が深くなったりします。ハリは顔の筋肉の衰えにも起因しますので、表情筋を鍛える必要があります。

寝不足や体の水分不による目の下のクマも疲れ顔に見え、老け顔に繋がります。

糖分の取り過ぎ

糖分を摂取すると体内でのタンパク質や脂質と結合し、糖化が起こります。糖化によって生成された劣化タンパク質(AGEs)は肌だけでなく、身体全体が老けていく原因になるので炭水化物や糖分の取り過ぎに注意しましょう。

輝き

顔の水分や油分が不足すると顔の明るさが減りくすんで見え、老け顔になります。同じように目も乾いていると目の輝きがなくなりくすんで見え、老け顔になってしまいます。肌とともに目の水分も不足してしまわないよう、しっかり水分摂取をしっかりしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする