生姜で体が冷える?あたたまる!生姜の効能と使い方

ショウガオール

皆さんご存知、生姜と言ったら体をあたためる効果がありますが、このショウガオールの効果です。生の生姜に含まれるジンゲロールを加熱するとショウガオールに変化するため、もともと生姜に含まれているわけではありません。

ジンゲロール

先ほど書いたように生の生姜に含まれている成分で、風味づけや殺菌効果を狙って薬味や刺身添え物として使われたりします。このジンゲロールはコレステロールを下げたり、動脈硬化予防にも効果があります。

そんなジンゲロールですが血管を拡張し、一時的には体があたたまるのですが、血管が拡張するということは血管から外気にたいして体温が放出されることに繋がり、結果として体温が下がる方向に効果がでることもあります。これはお酒を飲んで体が冷える人がいるのと同じ原理です。

体をあたためるには生姜より○○○!

冬に体をあたためる飲み物として有名なものは生姜の他にも、ゆずやレモンなどもありますが、一体どれが一番体をあたためるのでしょうか。

テレビの実験で生姜湯、チゲスープ、レモンティー、ウオッカで検証を行っていましたが、

レモンティー > 生姜湯 > ウォッカ > チゲスープ

という結果になっていました。ウォッカに関しては先ほども書いた通り、一時的に体温が上がるものの血管拡張により体温の放出が起こることと、利尿作用により尿生成時に熱が奪われるためとの事。

チゲスープに関しては体を温める効果自体はあるものの、発汗作用があるため、汗で逆に冷えてしまうようです。

レモンティーは紅茶が発酵しており、体を温める効果があるとのこと。レモンはクエン酸で新陳代謝がよくなるそう。

残念ながら生姜は2位となってしまいましたが、1位のレモンティーと2位の生姜を合わせることで冬にあたたまる最強ホットドリンクが完成します。

ハニーレモンジンジャーティー

冬に是非飲みたい最強に温まるホットドリンクの分量は以下です。

  • 紅茶 200cc
  • レモンスライス 1枚
  • おろし生姜 小さじ 1
  • はちみつ 大さじ  1.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする