【知りたい】1年がだんだん短く感じるワケ

子供の頃は1日が長かったのに、年を重ねるごとに1日1日がすぐに終ってしまい、どんどん加速していく…多くの人がこうした体験をしていますが、一体なぜなのでしょうか。

充実時程錯覚

人は同じ時間でも、その時に入ってくる情報量の多さによって体験する時間を短く感じたり、長く感じたりする。例えば以下の動画を見ていただければ分かりやすい。

いかがでしたでしょうか、ドリブルの数が多い方が長く感じた人が多い事でしょう。この現象を「充実時程錯覚(じゅうじつじていさっかく)」といい、日常においても常にこの錯覚がはたらいています。

子供と大人が同じ体験をしても、子供の方がより多くの情報を受け取っている、という事になります。それは年齢を重ねるにつれて色々な経験を積み、しだいに体験済みの事象が増え、起こっている事象から得られる情報量が少ないのです。特に主婦やサラリーマンの方は日々変わり映えのしない仕事をこなして過ごしているため、新しい体験が少なく、結果として受け取る情報量もすくなくなり、1年が短く感じる、という事です。

逆に子供は色んな事が未経験だったり、幼稚園・保育園→小学校→中学校→高校→大学→就職という環境の変化が起こるので、同じ会社にずっと務めているサラリーマンより断然情報量が多くなります。

この場合における”1年が短く感じる”というのは、「同じ事の繰り返しは過去に体験した記憶と似ているために記憶として残りにくく、後から過去を振り返った時に思い出せない」ということで、1年何やっていたんだろう、という結果となってしいまいます。

ジャネーの法則

10歳の子供が体験する1年は1/10ですが、50歳の人が体験する1年は1/50となり、同じ1年でも相対的にみると1年のとらえ方が違ってきますよね、という法則です。

楽しさで変化する

同じことの繰り返しは記憶に残りづらいので思い返したときに「短かった」と感じますが、同じこを繰り返している最中はどうかというと”楽しいかどうか”で変化します。

楽しいと感じていれば「いつの間にかこんな時間になっていた」となりますし、楽しくないと感じていれば「まだこれだけしか時間が経っていない」となります。この違いは”時間の経過を認識しているか否か”の違いで、楽しいと時間の経過を忘れてしまうので時間が早く経過したと感じ、退屈だとちょくちょく時間の経過を確認するので時間が経つのが遅いと感じます。時間は絶対的な単位がありますが、感じ方は人によって異なり、精神状態によっても異なるため、実に曖昧なのです。

心拍数

心拍数が早くなると時間の流れが遅くなり、結果、時間が長く感じます。その人の体調や代謝によってもブレがありますが、子供と大人でも心拍数が異なります。そのため時間の感じ方が違ってくるのです。

心拍数
新生児・乳児 110~140
小学生 70~110
中高生 50~100
一般成人 50~90

アスリートは動いている間、心拍数があがり、時間が長く感じる反面、スポーツ心臓と呼ばれる、平常時でも心拍数が低い状態を保っているので、日常は早く感じられるかもしれませんね。

また極端に言えばゾウとネズミは時間の感じ方が違う、という事になります。時間が体重の4分の1乗に比例すると言われており、体重が2倍になると時間が1.2倍長くゆっくりと感じられることになります。体重が10倍になると時間は1.8倍になるので、30gのハツカネズミと3トンのゾウでは10万倍の差があり、時間にして18倍、時間の流れ方が違うのです。という事は身長が高くて体重の重い人と、小柄で体重の軽い人の時間の流れ方は一緒であり、異なることになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする